1. ホーム
  2. 本醸造酒
  3. 北の庄 本醸造 冷酒

北の庄 本醸造 冷酒

福井県産米を使用した本醸造冷酒。食中酒として飲むとおいしいです。

北の庄 本醸造 冷酒
このお酒について
製造法 本醸造
原料米 五百万石
精米歩合 65%
日本酒度 +5
アルコール 15度
アミノ酸度 -
酸度 -
酒のタイプ コクのあるタイプ
楽しい飲み方 冷やして
テイスト
  1. 甘口
  2. 濃醇
  3. やや濃醇
  4. やや辛口
  5. 辛口
美味しい飲み方
  1. 冷やして(5~10℃)
  2. 室温
  3. ぬる燗(40℃前後)
  4. 熱燗(50℃前後)

300ml/ 414円(税込)

本醸造酒

本醸造酒

お買物ガイド

お支払い方法

代金引換、郵便振替、銀行振込よりお選び頂けます。なお、手数料はお客様負担でお願い致します。

【郵便口座】
00700-1-27703 舟木酒造合資会社
【銀行口座】
福井銀行 中央市場支店 当座 0100188
舟木酒造合資会社

※郵便振替、銀行振込は先払いとなっております。

ご入金が確認でき次第、商品を発送致します。一週間以内にご入金のない場合、キャンセルとみなしますのでご了承下さい。

配送方法

  • 【宅急便】送料一律 702円
    (北海道・沖縄・一部離島は除く)
    ※クール便扱い時は、216円追加になります。
  • 【代金引換】手数料 324円

返品について

当方のミスによる破損等の不良品は商品到着日より7日以内に事前にご連絡の上、送料着払いにてご返送ください。良品と交換させて頂きます。

メールが届かない場合

ご使用のメールソフトやセキュリティソフトの設定により受信サーバー側で自動的にメールが削除されている場合や、迷惑メールと判定されている場合がございます。
お手数でございますが、ゴミ箱や迷惑メールフォルダ等に入っていることもございますので、ご確認をお願いいたします。

今が飲みごろのお酒

  • 北の庄 本醸造 酔泉

    大吟醸造りの技をベースに酒造好適米五百万石を磨き、特に蔵内保存酵母を使った旨口本醸造酒です。
    燗酒コンテストで金賞を受賞

    • 甘辛: やや辛口
    • スペック: 本醸造酒
    • 原料米: 五百万石
    • おすすめの飲み方: 冷、室温、ぬる燗、熱燗
    1. 1800ml/ 2,160円(税込)
  • 北の庄 旨口本醸造

    大吟醸造りの技をベースに酒造好適米五百万石を磨き、特に蔵内保存酵母を使った旨口本醸造酒です。
    燗酒コンテストで金賞を受賞

    • 甘辛: やや辛口
    • スペック: 本醸造酒
    • 原料米: 五百万石、日本晴
    • おすすめの飲み方: 冷、室温、ぬる燗、熱燗
    1. 720ml/ 972円(税込)
    北の庄  旨口本醸造
  • 北の庄 純米大吟醸 大吟 望

    鑑評会出品酒と同等の完全手作りで醸したフックラとした香と旨味のある味の調和のとれた純米大吟醸です。
    古来からの吟醸手造りを守り続け寒造りした純米大吟醸を大吟望と命名しました。酒々ショコラ、酒々しぐれにも使用しています。

    • 甘辛: やや辛口
    • スペック: 純米大吟醸酒
    • 原料米: 山田錦
    • おすすめの飲み方: 冷、室温
    1. 1800ml/ 5,400円(税込)
    2. 720ml/ 2,700円(税込)
    3. 300ml/ 1,296円(税込)
    4. 180ml/ 648円(税込)
    北の庄  純米大吟醸  大吟 望
  • 富成喜 神力米 純米吟醸 限定二百貫

    「神力米使用」限定純米吟醸は小仕込みで、米の旨味と醸し人の素材を重視し、蔵元の情熱であくまでも本物にこだわった限定酒です。奥深いうまみと、切れの良いのど越しをお楽しみください。
    燗酒コンテストで最高金賞を受賞

    • 甘辛: やや濃醇
    • スペック: 純米吟醸酒
    • 原料米: 神力米
    • おすすめの飲み方: 冷、室温、ぬる燗
    1. 1800ml/ 3,240円(税込)
    2. 720ml/ 1,620円(税込)
    富成喜  神力米 純米吟醸 限定二百貫

旬のお酒カレンダー旬のお酒カレンダー

  • 春

    “初しぼり新酒”

    春のお花見や、GWの集まり、帰省にいかがですか?新米を使った、造りたての新酒がおすすめです。

  • 夏

    “夏の生酒”

    キンキンに冷えた生酒、吟醸酒は熱い夏にぴったり!

  • 秋

    “ひやおろし”

    早春にしぼられた新酒が一夏を過ごした頃、酒はちょうどよい頃合に熟成されます。

  • 冬

    “冬の熱燗”

    10月に蔵入りして、新米を使った甘口のにごり酒や、熱燗にして楽しめる酒を取り扱っております。